カテゴリー別アーカイブ: 未分類

花咲く変わり蕎麦

春を感じる季節になりました。
桜の満開情報も東京など各地から聞かれ、ここ香川でも見頃を迎えていて、どこに行こうかとウキウキとした気分になります。

お花見には、桜のほかにもう一つの楽しみもありますね。花よりだんごと言われるように、持ち寄ったお弁当や酒などの飲み物を外で食べることも、日常を離れた雰囲気にうれしく感じられます。
最近ではケータリングなどで、現地まで料理を届けてもらえるサービスもあるようです。また各地で開催されるさくら祭りなどのイベントでも、堤灯の下でならぶ、露店や屋台を見て歩くのも楽しみな一つですね。

その屋台には、さまざまな歴史や種類があります。
江戸時代初期に誕生した屋台は、天秤棒に道具をいれた箱の降り売りが基本。肩に担いで独特のかけ声で売り歩く姿は、江戸の街の風物詩ともなりました。
その中でも二八そばや夜鳴きそばなどの「蕎麦屋」は、浮世絵や歌舞伎の題材になるほど親しまれました。

江戸文化に切ってもきれない蕎麦には、味噌も大きな関係があったのはご存知でしょうか。

蕎麦をつけて食べる「つゆ」は、江戸時代の中期にはいるまで味噌から作る「煮貫」や「垂れ味噌」で食べられていました。味噌に水を入れて煮詰めたもので、その後鰹節をいれて煮詰め、最後に布で漉す際のたれる様子から、つゆの事を「たれ」とも呼ばれる由来ともなりました。

現在でも郷土料理として、味噌つゆで食べる地域があります。

長野県伊那市は信州そば発祥の地のひとつ。そのなかの高遠山間部では、焼いた味噌と大根おろし、ネギを合わせた「からつゆ」が伝えられています。蕎麦も味噌も信州の特産品、身近な食材が豊富にあったことも、長く食べられることになったのではないでしょうか。

また高遠藩主だった保科正之は、会津藩に転封する時にはそば職人などを連れていくほど無類のそば好きだったようで、会津地方にもからつゆが伝わり「高遠そば」と呼ばれています。昔ながらの宿場街、大内宿でも高遠そばが由来の「ねぎそば」として名物に。ねぎ一本を箸としてつかいながら、辛み大根の汁で食べるそうで、味もさることながら食べ方も特徴的で面白そうですね。

昔の風情が残る大内宿の近くには、日本で唯一の茅葺き屋根の湯野上温泉駅があり、こちらも桜の名勝地になっています。今年も、桜並木と古民家風の駅舎がならぶホームにゆっくりと列車が入ってくる景色を見に、多くの観光客が訪れているでしょうね。

何気ない風景に桜が咲くと、いつもの日常とは違うように、身近な蕎麦が普段とは違う食べ方になれば、どこか小さなイベントのようで楽しさを感じます。いつか味噌つゆや一本ねぎで蕎麦を味わってみたいです。

ヤマゲンと、讃岐の山々

前回の記事でご紹介致しましたPOPだるまにも描かれている弊社の商標ロゴであるヤマゲン。
ヤマゲンは弊社の初代社長である町川元一(まちかわもといち)の「元」の字の上に山が描かれています。
初代社長が地盤を固めた讃岐食品工業。これから先も歴史を積み重ね、山を高く築き上げていく・・・ヤマゲンにはそういった意味が込められています。

また山と言えば、弊社の所在地である香川県は富士山の様なキレイなおむすび形の山が多く見られます。
弊社の近くにも写真ではちょっと解りづらいかもしれませんがキレイなおむすび形の山があります。

002

これらの山の中でも特にキレイな形の七つの山(江甫山、爺神山、飯野山、堤山、高鉢山、六ツ目山、白山)は讃岐七富士と古くから呼ばれています。
そういった山々や温暖な瀬戸内海が作り出す讃岐の風景。
万葉集にも「玉藻よし 讃岐の国は 国柄か 見れども飽かぬ」と詠われています。

うどん県。それだけじゃない香川県。
香川県の魅力は沢山あります。
県外の方で香川県に観光に来られた際は、うどん行脚の合間に是非讃岐の風景もお楽しみください!

さて、記事も一段落した所でちょっと小腹が空いたのでうどん食べてきます。

ヤマゲンPOPだるま

工場長です。

弊社のfacebookアカウントのプロフィール写真になっている達磨。気になられた方もいるかと思います。
この達磨は香川県の伝統工芸品である讃岐一刀彫の達磨を制作する山中象堂さんにオーダーメイドで作って頂いたPOPだるまです。
POPだるまは一刀彫のだるまにカラフルな模様が描かれているのが特徴です。

二年前にテレビを見ていたらその時たまたま観ていた番組のコーナーでPOPだるまが紹介されていて私もそこで初めて知り、見た瞬間に一目ぼれでした。

翌日には琴平にある山中象堂さんを訪れ、弊社の商標ロゴであるヤマゲンのマークを入れたPOPだるまをオーダーメイドで注文しました。
POPだるまは当然のことながらそのひとつひとつが手作りで、また予約が殺到している為私が注文した時点で二年待ちでした(※現在では三年待ちだそうです)
そして今年ようやく手に入れる事が出来て、とにかくその出来栄えに感動です!二年待った甲斐がありました!

山中象堂さん本当に有難う御座います!!

このPOP達磨、山中象堂さんの娘さんのアイデアで一刀彫の達磨にPOPなペイントをしてみてはどうかという事でやり始めたそうです。
弊社もこのPOPだるまの様に、受け継がれてきた伝統的な形は残しつつ、私達若い世代で新しい事にどんどんチャレンジしていきたいと思います。

 

・・・ちなみに余談ですが、実は小さい方のだるまは個人的にも欲しいなーと思って会社とは別でコッソリ注文していた物なんですが、二体並んでた方がより様になるなという事で今では二体並べて弊社の事務所に飾ってあります(笑)

IMG_0136

はじめましてのご挨拶

初めまして。讃岐食品工業株式会社社長の次男で現在味噌製造を担当させていただいております町川達郎と申します。(以下工場長と名乗らせていただきます)

このブログで讃岐食品工業の情報やお味噌に関する様々な情報、私工場長の日々の出来事等について綴っていこうと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。