作成者別アーカイブ: sanukimiso_admin

十五夜と郷土の味。

9月に入りましたね。今月は、天候に大きく左右されますが、この季節かかせない「十五夜」についてお話します。

十五夜という言葉には、月齢15日目をさす場合と、月見行事の十五夜をさす場合とがあることはご存知でしょうか。

旧暦では、毎月15日が月齢15日目の十五夜。
また、旧暦で7月〜9月が秋にあたり、秋の真ん中である中秋は、空が澄み渡り1年で最も月が美しくみえることから、旧暦8月15日の十五夜を「中秋の名月」と呼び、お月見をするようになったそうです。
月見行事をする十五夜は、旧暦8月15日の月をさし、2020年は10月1日です。

十五夜とは、満月を眺めるお月見の日として広く知られていますが、「中秋の名月」を鑑賞するとともに、収穫に感謝をする行事の一つでもあります。

平安時代の貴族が中国の観月をとりいれ、月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦に親しみ、空を見上げ眺めるだけでなく、水面や盃の酒に映った月を愛でていたようです。江戸時代には庶民に広がり、貴族のように月を眺めるだけでなく、秋の収穫物をお供えをし、実りの喜びを分かち合い感謝をする収穫祭や初穂祭りの行事の意味が大きくなりました。

また、十五夜は、芋類の収穫祝いを兼ねていたことから「芋名月」という異名ももち、すすきやお団子以外にも里芋を供えるそうです。
香川県には、「いもたこ」といった旬の里芋を使った郷土料理があります。瀬戸内海の恵みと合わせ、甘辛く炊いた料理です。

お供えではありませんが、味わいながら、味噌の材料に欠かせない米が無事収穫されること、毎日おいしい食事かとれることに感謝をして十五夜を迎えたいと思います。

これから台風シーズンに入りそうです。とにかく大きな被害がないことを祈ります。

弊社の味噌が勢ぞろい。

8月に入りましたね。梅雨明けした途端、どんより蒸し暑い日が続いております。
新型コロナウイルスの影響もあり、まだまだおうち時間が長引きそうです。また、お子様が夏休みに入ったこともあり、おうちで食事をする頻度も多くなるのではないでしょうか。

そんな時だからこそ、毎日の料理を楽しくおいしく健康的に・・・
ぜひ、讃岐の味である味噌を使った料理を楽しんでもらえたらと思います。
料理からデザートまでさまざまな調理でご使用いただけます。
※facebookでは、ヤマゲンの味噌の紹介や地元の食材を使ったレシピなどを発信しておりますのでご活用下さい。

弊社の近くにあるスーパーマーケットのマルナカ栗林南店さんには、ヤマゲンの味噌商品が勢ぞろいで、弊社のほとんどの商品を販売していただいています。

定番の「サヌキ白味噌」をはじめ、白味噌でも「白峰」「サヌキ百年」、カップタイプ、1kgの透明袋タイプなど6種類ほど。ライフスタイルに応じてお選びいただけます。

その他にも「赤味噌」「さくら味噌」「田舎味噌」「つぶ味噌」「金山寺味噌」といった白味噌以外の味噌商品もあります。数えてみると現在16商品のお取り扱いいただいていました。

まだまだ、味噌の違いや用途が分からなくて、一歩進みづらく新しい味噌が買えないという話を聞きます。現在、マルナカ栗林南店さんには、ヤマゲンの味噌コーナーのお話をいただいています。
今以上に、味噌の種類や用途だったりを分かりやすくお客様にお伝えできればと考えております。

まだまだ暑い日は続きそうですので、皆様お身体を大事にしてくださいね。

また、引き続きIKUNASさんに弊社のヤマゲン「白みそサヌキ百年」が組み合わされた、お中元ギフトが販売されています。気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね。

▶︎IKUNAS Web Storeはこちらから

 

半夏にお団子。

7月に入りましたね。この時期、香川県では「はげ団子」という郷土料理を食べる風習があるのをご存知でしょうか。夏至から数えて11日目から七夕頃までを七十二候の一つ「半夏生(はんげしょう)」といい、この時期に食べられるおやつです。

※二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。二十四節気と同じく古代中国で作られました。二十四節気が古代のものがそのまま使われているのに対し、七十二候は何度も変更されてきました。日本でも、江戸時代に入って日本の気候風土に合うように改定され、「本朝七十二候」が作られました。現在主に使われているのは、明治時代に改訂された「略本暦」のものです。ちなみに「気候」ということばは、この「節気」と「候」からできています。(暮らし歳時記)

讃岐平野では、5月は麦刈り、6月には田植えと繁忙期が続きます。「半夏」までには田植えを終えないと「半夏半作になる」と言われ、農家は遅れまいと働き続けます。また、半夏の時期には、降り続いた雨も晴れ上がるということで、「半夏のはげ上がり」といったりするそうです。

このときに、新麦を練ってつくった団子にあんこをまぶしてつくる「はげ団子」を食べて、ひと休みをしたそうです。

「はげ団子」の名前の由来は2つあります。ひとつは、茹で上がった団子にあんこをまぶしても、あんこが団子から滑り落ちてまだらになることから。もう一つは、半夏(はんげ)がなまって「はげ団子」となったと言われます。

小麦からつくる団子は、ツヤも香りもあり、おいしいのですが、ぐ硬くなるので、最近では米粉でつくられることが増えているようです。

元旦に食べられる白味噌をつかったあんもち雑煮からはじまり、香川県ではあんともちが精をつける食材として食べられてきているようです。まだ、梅雨明けは発表されていませんが、晴れの時間が多いように思います。これからじめじめと暑い日が続きそうですので、皆様体調に気をつけて下さいね。

また、弊社のヤマゲン「白みそサヌキ百年」がセットになった、お中元ギフトが香川県高松市にあるIKUNASさんのWeb Storeで販売されています。気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

▶︎IKUNAS Web Storeはこちらから

水無月に田植え。

6月に入りましたね。四国では梅雨入りしたというニュースが入りました。

現代では梅雨の時期である6月ですが、和名では水の無い月と書きます。その矛盾に疑問を感じたことはありませんでしょうか。しかし、水無月の「無」は無いという意味ではなく「の」にあたる昔の言葉で、実際は「水の月」という意味になるそうです。また、陰暦の6月は田んぼに水を引く時期でもあることから水無月といわれるようになった説も有力です。

この時期、香川県では、田んぼにまだ水を張っていない地域と田植えの終わった地域があります。これは、水の争いが絶えなかった香川の先住の知恵と努力の結集で、ため池をつくり水を引くという地域ならではの水の管理があるからです。香川県は全国有数のため池の数を保有しています。ため池と川、用水路、水田がつながり、香川県の讃岐平野には水のネットワークが広がっています。そのおかげで香川県のお米はおいしく育ちます。

また、味噌づくりには米が欠かせません。蒸した米に麹菌をつけて米麹をつくります。米麹に茹でた大豆を加え、すりつぶし、発酵熟成することで味噌ができます。(白みそは発酵させないです。)

日本人の主食であり、味噌の原料に欠かせない米。これから成長をしていく風景をみることができますので、季節を感じながら観察してみてはいかがでしょうか。

白味噌あんの柏餅。

せっかくのゴールデンウィークも今年は外出できませんが、どうお過ごしでしょうか。

そして5月5日は端午の節句(男の子の健やかな成長を祝う日)ですね。
柏餅を食べるご家庭も多いかと思います。
餅を包んでいる柏(かしわ)の葉は、新芽が育つまで古い葉っぱが落ちないことから、子孫繁栄の縁起をかついだものとして、江戸時代から端午の節句に柏餅を食べる習わしが伝えられていると言われています。
柏餅はあん入りが一般的かと思いますが、味噌あんの柏餅があるのをご存知ですか?

実は、この味噌あんの柏餅は地域によってはメジャーなのですが、中部地方(京都を除く)から西の方では販売されていない地域が多いのです。だから、ここ四国では知らない方も多いかと思います。味噌あんは、白みそと白あんを練り上げて作るもので、甘さと塩気のバランスが楽しく、やさしい味わいです。
さて、長い休暇中のお子様とおうち時間を楽しむために、親子クッキングはいかがですか。当社のホームページには、簡単に楽しめる味噌ディップをはじめ、お味噌を使ったレシピも掲載していますので、ぜひ活用してください。

バランスのいい食事を心がけて、免疫力を高め、体調管理に気をつけてくださいね。